第二新卒の即戦力としての需要は増えつつある!

第二新卒の転職活動

就職氷河期と言われて久しくなりました。毎年、12月になると大学3年生の就職活動が解禁となり、各新聞を騒がせますね。そして、最近の傾向としてはなるべく早くに就職活動を終わるように企業も取り組んでいるようです。しかしながら、一生懸命就職活動をしても、2年後の4月を迎えて入社したら、「全く予想外!」の企業だったなんてことも珍しくありません。そうすると、若い世代の労働者はもっと良い企業を見つけたいと「第二新卒」になるのです。

 

即戦力の第二新卒の転職状況

「第二新卒」というのは、一度、会社に入社をして2〜3年経験を積んだ後に退職をして新たな企業を探す人のことを言います。また、似ている言葉に「既卒者」という言葉があるが、これは学校卒業後に就職をしていない人のことを言います。こうした「第二新卒」は、年齢的に言うと四年生大学の卒業生で24歳から25歳ぐらいの人を指しており、企業からしたら即戦力として欲しい人材となっているのが特徴です。こうした、若い社会人を「第二新卒」というのです。

 

こうした第二新卒は新たな就職先を見つけるために、「どんなことがしたいのか?」をもう一度明確にし、その企業に入るための条件を見つけて例えば資格取得をしたりする必要があるのです。そして、今の職場では見つけることのできなかった、新たな目標を手に入れようと新たな就活をしています。

 

今、新卒で採用されて企業で働いている方。そういった方で、まだ2〜3年しか働いていなく、自分自身の現状に満足されていないのであれば「第二新卒」という手段をとるのもありだと思います。人生は一回きりであって、我慢をする人生でなく、自分の限界に挑戦できるような人生を歩んでください!そのために「第二新卒」として自分に合った職場を見つけましょう!

 

転職サイト詳細へ

第二新卒なら転職エージェントを使おう

人は滅多にやらないことはやはり素人であって、専門家に頼むことが大切になります。それは例えば「転職」でも同じことであり、「第二新卒」の転職と言ったことでも同じになります。それでは「第二新卒」というのはどういった人なのでしょうか?これは一般的に、企業で2〜3年勤めてから新たな企業を探すと言った若い人たちのことを指します。

 

求人も多い第二新卒の就活法

「第二新卒」として転職するのであれば、一番するべきは「転職エージェント」に登録をすることです。「転職エージェント」は非公開求人の80%以上を握っていて無料で利用できるサービスとなっています。そのため、こうした「転職エージェント」が必須になるのです。この「転職エージェント」は具体的に言うと、リクルートエージェントであったり、マイナビ、そういった転職会社が主催しているので、これを活用することによって「第二新卒」の転職がしやすくなるのです。

 

もちろん、こういった「転職エージェント」を使えば、必ず成功するという保証はありません。が、しかし使うのと使わないのとでは結果に雲泥の差が出てくることも事実としてあります。これを使っているから安心というわけではないのですが、これを使わない手はないということを覚えておいてください!

 

在職中にも転職活動は可能

これから、今の会社を辞めて新たに企業を探そうと思っているあなた。あなたは、今の会社を本当に辞めていいのですか?ちょっと悩んだあなた、それはきっとこの後成功するか不安だからでしょう。でも大丈夫です。本気になれば、この転職活動であっても必ず成功するのです!だから、安心して転職活動をしましょう!そして、自ら自分の道を開いていきましょう!その決定は間違っていないと思います。いえ、自分で正しかったことを証明していきましょう!

 

 

転職サイトはおすすめ

転職サイトおすすめランキング