第二新卒は1年未満は不利なのか?

1年も会社に勤めていないのにもかかわらず、会社を辞める。これって不利なことなのでしょうか?結論から言うと、これは不利になりやすくなります。それというのも若い社員が辞める場合「第二新卒」と呼ばれるくらいの就労が必要になるからです。それでは「第二新卒」という人はどれくらい働いた人が呼ばれるのでしょうか?一般的には「2〜3年」働いた人が「第二新卒」として扱われます。

 

それでは1年未満の人が「第二新卒」になるとどうなるのでしょうか?まず、社会的な経験が少ないため、スキル不足と判断されがちになります。また、1年間も働けないという理由で、やる気が低い人間と判断されがちになるのです。そのため、社会的には1年未満で「第二新卒」になるのは非常に不利なのです。もちろん、現在の労働環境が悪いのであれば、転職を止めることはできません。けれども、転職市場で勝ち抜くだけの実力を身につける必要があるのです。

 

そのために、どうしたらいいのか?というと、その志望動機と若さを生かすというのも一つの手段として非常に重要なものとなってきます。これらを生かすことによって、「第二新卒」の中でも優位に戦うことが出来るかもしれないのです。

 

もし、あなたがこれから「第二新卒」として就職活度をするのであれば、それを止めることは誰にもできません。けれども、今の環境が本当にダメであるのかを理解して、それでも本当に変えようと思う勇気があるのであれば「第二新卒」になることもお勧めします。しかしながら、「第二新卒」になるということは辛いことでもあります。それに負けないように、自分の新たな一歩を踏み出してください!

転職サイトはおすすめ

転職サイトおすすめランキング