30代の第二新卒はアリか?

30代で「第二新卒」というのはアリか?というと、定義上は存在します。けれどもほとんどの方が、第二新卒というよりは中途採用的な立場になると思います。それでは「第二新卒」とはどういった存在なのでしょうか?

 

そもそもとして「第二新卒」というのは社会人としての経験や体験、職歴が2〜3年という比較的若い人のことを指して読んでいることが多いようです。したがって30代で「第二新卒」というのは博士課程卒業者が新卒で働いてからみたいな場合では定義上は当てはまると思います。けれども、あまり一般的ではないようです。

 

それでは30代の転職活動で必要なことは何なのでしょうか?それは最も求められることが即戦力として活躍できることです。例えば、営業職であればどれだけ売り上げを出せるのか?IT業であれば、どんなシステムを組めるのか?マネジメントが出来るのか?といった現場ですぐに役立つスキルが必要になるのです。そのため「第二新卒」云々ということではなく、30代であれば転職は「中途採用」としてとらえて、いかに転職先で活躍できるかに重点を置く必要があるのです。

 

こういった点を理解して転職活動をすることによって、むしろ若い「第二新卒」よりも有利に転職活動を進めることが出来るかもしれないのです。ただし、それもちゃんとした理解があった上でやる必要があります。これがないと成功はあり得ません。なので、絶対に理解して転職をしましょう。

 

今、30代で企業で働いている方。そういった方で、自分自身の現状に満足されていないのであれば「第二新卒」という手段をとるのもありです!人生は一回きりであって、我慢をするのではなく、自分の限界に挑戦できるような人生を歩んでください!そのために思い切った就職活動をしてください!

転職サイトはおすすめ

転職サイトおすすめランキング